スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレン・グリーン・ヒックスインタビュー まとめ

世の中おかしい

理解を超えたトンデモな内容なのですが興味深いので字幕をつける事にしてみました。1時間以上のインタビューなので全部字幕付けるかどうか不明ですがまぁぼちぼちやって-いきます。内容を信じるかどうかはあなた次第です。まぁこんな情報もあるんだ~って程度で私は受-け止めていますが。

 

スポンサーサイト

ラウニ・キルデ

ラウニ・キルデ Rauni-Leena Luukanen-Kilde フィンランド生まれでノルウェー在住のラウニ-リーナ・キルデ博士は、 1975年から1986年に自動車事故に遭うまで、ラップランド地方の保健省長官を務めていた医師であり科学者そして 超常現象研究者だったりする

 

ノルウェー人外交官と結婚していた関係で
現在ノルウェーに住んでいる
UNDERGROUND VIDEO(UK)
http://www.undergroundvideouk.com/amm...
この動画の「前回」の動画はこちらからどうぞ。
http://youtu.be/7iGNj_BYs2w
話に出てくる一分間頭ほぐしエクササイズはこれのことかと思います。
http://youtu.be/x6KKyPjnhjI
米軍のリモートビューイングなどについて
元米兵 アララさんの話(英語のみ)
http://www.youtube.com/watch?v=TYO-iA...
ラウニ・キルデさんの動画を集めた再生リストはこちら
http://www.youtube.com/playlist?list=...
デービッド・アイクさんの動画を集めた再生リストはこちら
http://www.youtube.com/playlist?list=...

皆神山の謎 第四部 一厘の仕組篇 まとめ

皆神山シリーズの完結編という事で、序章、終章合わせて十六章の作品になります。今回-はDVD化せず、YOUTUBEでの公開にいたします。このシリーズではUFO、神様、ユダヤ問題、終末予言、縄文文明など深く探求し、我々-の地球文明全体を見渡すことで、巧妙に隠された真実を明らかにしたいと考えています。-どの問題も大きなテーマを持っています。長いシリーズになりそうですが、よろしくお付-き合いください。皆神山に関することは下記のページからもご覧になれます。

皆神山の謎 http://www.good-weather-studio.com/mi

※説明文は公式サイトからの引用です。

序章 神についての一考察

皆神山シリーズの完結編という事で、序章、終章合わせて十五章の作品になります。今回はDVD化せず、YOUTUBEでの公開にいたします。 このシリーズではUFO、神様、ユダヤ問題、終末予言、縄文文明など深く探求し、我々の地球文明全体を見渡すことで、巧妙に隠された真実を明らかにしたいと考えています。今回は序章ということで、皆神山関連の神様を取り上げました。軽いジャブのつもりでしたが、20分を超えてしまいました。どの問題も大きなテーマを持っています。長いシリーズになりそうですが、よろしくお付き合いください。

第一章 アダムスキー計画

「一厘の仕組篇」第一章はUFO問題の真相に迫ります。1950年代に起こったコンタクトラッシュの真相とはなんだったのか?、そこから始めてみましょう。

 

第二章 テレパシー

今回は、稀代なUFOコンタクティ、ジョージ・アダムスキーが伝えた「宇宙哲学」を取り上げています。特に、「テレパシー」の仕組を解説しているものはほとんどないので、彼の伝えた知恵と知識を一緒に学ぶ良いチャンスを見てくれている方と共有したいと思います。 かなり難解な部分もありますが、精一杯分かりやすく説明していると思います。全編字幕も付けていますので、何度も見ていただけるとありがたいです。

 

第三章 UFOと神

今回はテレパシー、印象波の注意点を解説しています。われわれのマインドをえぐるような出来事がこの世にはたくさんあります。宇宙哲学的立場から眺めなおすことで見えてくることもたくさんありそうです。また、心霊スポットに潜入した体験談、山で感じる神様の気配についても語っています。そしてUFOの乗員と我々にとっての神とはなんなのか、いっしょに考えてみることにしましょう。

 

第四章 世界を支配するもの

今回は2011.08.06に撮影した東北の太平洋沿岸の被災地のリポートを編集しました。この災害は人工的に起こされたものだという話が直後から囁かれていました。実際検証していくとおかしな事実がたくさん出てきます。そこには我々の知らない世界が潜んでいます。
「一厘の仕組篇」を公開しようと決断したのも、実はこの震災がきっかけでした。自分のできることをやろう、と思ったわけです。更なる深みに足を踏み入れる第一歩でもあります。

 

第五章 黙示録の獣

今回はアダムスキーのコンタクトの真相と、そこに秘められた世界を支配している黒い貴族の謎に迫ります。そして紀元前から続いているこの世の実相、ローマ帝国によるキリスト教の導入の真意、ファティマに予言が向けられた相手とは誰だったのか、などの問題に踏み込んでいます。UFO現象から俯瞰した世界は実に奥が深いです。

 

第六章 宇宙の大使

「一厘の仕組み篇」の第一部「宇宙哲学」の完結篇になります。60年前に起こった金星人とのコンタクト事件の本当の意味はなんだったのか?。そこから俯瞰した現在をヨハネの黙示録に当てはめてみると、われわれの現状が見えてきます。いったい何をなすべきなのか、ひとつの答えが浮かび上がってきます。UFO問題の真相はここにあるのだと思います。

 

第七章 瀬織津姫物語

今回は2011年、遠野で出会った早池峰山の女神様、瀬織津姫の話です。この時までこの神様のことはなんにも知りませんでした。いろいろと勉強をしていくうちに、とても大変な神様だということが分かってきて、今回はそのプロセスをつぶさに描くことにしました。
瀬織津姫さんのことも大切ですが、神様の働きかけというものが、こんな感じでやってくる、というところも見ていただけたらいいな、と思います。
今回は瀬織津姫様のイメージを鮮明にしたかったので、ブロク「瑠璃の星」から、瑠璃さんのイラストを使わせていただきました。作品を作るうえで非常に助かりました。ありがとうございます。
こういうことも含めて、この作品は瀬織津姫様のプロデュースで作ったと思います。いよいよ「皆神山の謎」らしくなってきましたねぇ...

 

第八章 フトマニクシロ 謎の四世紀

邪馬台国から大和朝廷へ移行した四世紀、まだ占いや鬼道と呼ばれる呪術が生きていた時代、人々はなにを基準に生きていたのでしょうか。今回は豊鍬入姫と倭姫による天照大神の巡幸が大和の結界を作る「フトマニクシロ」という呪術だったという、神道家、金井南龍師の説を追って検証していきます。たくさんのイワクラ山が登場します。私が「縄文の神科学」と呼んでいる宇宙のテクノロジーの一端を感じ取っていただければ幸いです。

 

第九章 白山菊理姫 消えた白山王朝

今回は、名前は知られていてもその実態がほとんど判っていない白山菊理姫について考えてみました。この女神様はかなり強力で、いろいろな形で働きかけがあるようです。その実体験を元に、歴史上消されてしまった古代日本の、神と人との関わりを追求しています。 また、神の祟りと思われているものの正体について、私なりの角度から言及しています。 大自然の大本の女神様、白山菊理姫のフィーリングを感じていただければ幸いです。

 

第十章 飛鳥・大和三山の謎に迫る

日本古代史最大のミステリー、大和三山の謎に迫ります。また飛鳥に点在する不思議な石像や巨石の謎、そして大和高原に広がる巨石の天空図などを通して、縄文神科学の実態を解明していこうと思います。かなり壮大なテーマですが、この研究を深めている多くの方の成果を糧に、私なりの解釈をしていきます。古代ミステリーの旅に、ご一緒しませんか?

 

第十一章 我々はどこから来たのか?

今回は日猶同祖論の実態、宇宙哲学から見た人類の歴史、そして神道のルーツを考えながら、日本人を含めた、地球に住む人類の成り立ちを考えてみました。民族の成り立ちの中にプラスマイナスの重みを背負うことになりますが、個人の魂の段階ではそれも何か意味があるのでしょう。
教科書には絶対出てこない歴史の裏側を一緒に勉強できれば幸いです。

 

第十二章 日本の霊統

明治から大正、昭和初期に起こった神による変革を酒井勝軍、出口王仁三郎、矢野祐太郎を通して検証していきます。そしてその神が語った「一厘の仕組」に迫ります。

 

第十三章 聖地を巡る

私は霊能者でもないし超能力者でもありません。又、特定の宗教に入っているわけでもない、平凡な一人の地球人です。そんな私でも取材で聖地を巡っているうちに、なんとなく神様の気配や息づかいを感じるようになりました。
これはある意味とても重要なことで、自分達以外にも目に見えない知的な存在がいるという理解で世界観が大きく変わります。 チャンスがあれば、ぜひ聖地と言われる場所に行ってみてください。我々は元々誰にでも神様を感じる能力が与えられています。いつか「オヤ?、」という感じで神様と出会うでしょう。
こういう霊感はどちらかというと女性の方が強いようです。太古の昔から霊的な作業はほとんどお姫様の仕事です。
それでも、私のような最も鈍感なオヤジでも、聖地に行っていると、それなりの感受力が身につくようです。面白いものです。

 

第十四章 皆神山の謎

終わりに来てようやく本題の皆神山の謎に迫ることになりました。2010年の「最新情-報」とかぶるところもありますが、こちらではドキュメントになっているのでより迫力が-あると思います。皆神山の本当の正体はなにか...、たどり着いた答えは意外なもので-した。

 

終章 宇宙神界

いよいよシリーズの最終篇です。今回は男神アマテルと瀬織津姫の関係から人間と神様の-繋がりを探ります。皆神山という小さな山を通して、我々がなすべきことが浮かんできた-気がします。
長いシリーズを根気よく御覧いただき、ありがとうございます。

グラハム・ハンコック スーパーナチュラル 異次元との遭遇 吹替 まとめ

 

 

 

神々の指紋 完全映像版

 

アレックス・コリアー:メンタリング まとめ

アレックス・コリアー氏によるハワイでの講演で2010年1月に行なわれたものです。内容は主に地球人がこれから何を築いて行くべきか、築いてゆきたいか、などに関する提-案をアンドロメダ人と実際に交流してきたと言うアッレクスさんが語っています。賛成す-るも否定するにしても観て聞いてみて考えさせられる事があると思います。

検索フォーム
プロフィール

2012年

いろいろな未来予言について集めてます。

カテゴリ
おすすめ本
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。