FC2ブログ

超常現象マル秘Xファイル 2012年予言

マヤ暦と太陽の活動による世界滅亡

 

地球滅亡を太陽の活動(太陽風)が世界を滅亡させるのではないかという内容。

太陽風とは、太陽から吹き出す極めて高温で電離した粒子(プラズマ)。

太陽風ってなんだろう。

太陽太陽風50のなぜ

 

マヤ暦が終わるのは、2011年10月28日だった!
カール・コールマン博士
ヴォイス
売り上げランキング: 16114
スポンサーサイト



2012年滅亡説とアセンション

ここにきて2012年滅亡説やら、陰謀説、都市伝説などを取り扱うブログが増えてきた。

Wikiによると 『2012年人類滅亡説

2012年人類滅亡説(にせんじゅうにねんじんるいめつぼうせつ)とは、マヤ文明において用いられていた暦の一つ長期暦が、2012年12月21日から12月23日頃に一つの区切りを迎えるとされることから連想された終末論の一つである。 21世紀初頭のオカルト雑誌や予言関連書などで、1999年のノストラダムスの大予言に続く終末論として採り上げられているが、懐疑的な論者はマヤ暦の周期性は人類滅亡を想定したものではないと反論をしている。学術的にもマヤ人の宗教観や未来観を知る上で意味があるとしても、それが現実に対応するものとは考えられていない。

人類滅亡の理由として、マヤ文明の暦以外にもいくつか説がある。

1.太陽風によるもの

2.フォトンベルト

3.隕石落下

4.森林伐採による酸素の減少

これ以外にも様々な説があり、とても興味深い。他に2012年は滅亡するのではなく、「アセンション」するのだという説もある。

アセンションとは、元はと言えば、キリストの昇天を意味するが、ニューエイジ用語として下記の内容となる。またWikiから引用『アセンション

「惑星地球の次元上昇」。ニューエイジ、新興宗教などのスピリチュアルな考え方を尊ぶ思想では、未来の予測の一つとして盛んに取り上げられるが科学的根拠はない。アセンションの存在を支持する人々によれば、アセンションとは人間もしくは世界そのものが現在の三次元からより高次元の存在へと進化することとされる。アセンションの存在を支持する人々は、アセンションは2012年前後に起こるのではないかと推測しており、現在の地球の環境問題や混沌とした社会現象、人間の善悪に対する意識レベルの低下をその変化への前触れであると見なしている。

このブログでは、2012年に何が起きるのかを、まとめて行きたいと思う。

 

2012年 目覚めよ地球人― いよいよ始まった人類大転換の時 2012年 目覚めよ地球人― いよいよ始まった人類大転換の時
(2008/09/22)
坂本 政道

商品詳細を見る
検索フォーム
プロフィール

2012年

いろいろな未来予言について集めてます。

カテゴリ
おすすめ本
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる